2007年02月17日

バーニャカウダ

今 我が家でハマリにハマッテいるメニュー

バーニュカウダ!


週末の晩酌タイムはここ最近ずっとコレです。
イタリア北部ピエモンテ地方のお料理。

“バーニャ”は「風呂」、“カウダ”は「温かい」という意味らしい。


baa_3.jpg

基本的には穫れたて野菜をふんだんに盛り、温かいソースで食べる料理。
そのソースがポイントで、にんにく、アンチョビ、オリーブ油を小鍋に煮立て、野菜に添えて食べるというスタイルです。

baa_2.jpg

そそ ↑↑このソースがキモ!
にんにく&アンチョビ好きな私としては、まさに夢の共演。


実はこのお料理 通っているお料理教室で3〜4ヶ月程前のメニューとして作ったのですが、その時は「ま 美味しいかな」という程度でした。

所が、その後夜のグルメ番組でこの「バーニャカウダ」をみかける機会があったのですが、それがちょっと違っていたのです!


何が違っていたかというと…

煮立てたソースを添えて食べる  のではなく
小鍋でふつふつ煮立て、野菜をつけながら食べる
そ まさに“フォンデュスタイル”だったのです。

それもブラウン官を通して見る限りでは、
明らかにそっちの方が美味しそう〜!!

これはぜったい 美味しいよぉぉぉ〜!



baa.jpg

という事で早速やってみました。

我が家には今現在フォンデュ鍋がない為、都合グラタン皿を流用。


もうね 美味しいってば!

アツアツのオイルに冷たいシャキシャキ野菜の口あたりが
サイコォ〜です。サイコォ〜!!
もはや 病みつき。

色々調べて見ると料理教室で習った時の下ごしらえでは
にんにくを皮をむき、つぶしてみじん切り…という事だったのですが、牛乳で一端煮立て臭みを取ってから使うのが本来みたい。

実際にやって見て、味は格段にコチラの方が美味しかったです。
ハイ。


.


作ってしまえばたったこんだけの量なんだけど…
これがね 材料費結構かかります。




2回分作るのに にんにく2個、アンチョビ2缶、エクストラバージンオイル1カップ(200cc)…約1000円近くが吹っ飛びます雷


でも付け合せする野菜は何でもOKだし、何よりお酒との相性は
バッチグゥ!!

しばらくやめられないかも。